サッカー キック 遠心力|サッカーで強いシュートを蹴る方法とは?3つのコツを理解しよう

ホーム » コラム » サッカー キック 遠心力|サッカーで強いシュートを蹴る方法とは?3つのコツを理解しよう
a

サッカーで強いシュートを蹴るための基本的な体の使い方やコツを紹介します。狙った場所に強く打つことがシュートでは大事!練習で意識したいポイントをまとめてみました。効果的な強いキックをするためのシュート練習を動画と記事で紹介します。

2021.12.16 | サッカー
Index
強いシュートを蹴るために必要な3つのこと
強いシュートを試合で打つ方法
強いシュートを打つために最も必要なこと

強いシュートを蹴るために必要な3つのこと
サッカーにおける強いシュートの打ち方を解説します。まずシュートの動作を3段階に分けて考えましょう。

①助走から軸足の踏み込み
②ボールを蹴る瞬間
③蹴った後から着地

この3つに分けた動作の意識するポイントやコツを紹介していきます。
助走の勢いをボールに伝える
クリスティアーノ・ロナウドのシュート | サッカーのテクニック満載 (85621)
via icooy.co.jp
サッカーにおいて強いシュートの蹴り方で基本なのは、軸足を強く踏み込むこと。走る歩幅より、大きく踏み込み、軸足の位置は、ボールの位置からボール1個分ほど横です。この際に上半身はボールと逆側の手を開き、体を大きく張ることで、キックの際に弓矢を射るときのような反発力を生む打ち方となります。

コツは、助走の動作と蹴る動作を分けないことで助走の勢いをそのままボールに伝える蹴り方のイメージを持つと強いシュートを打つことができます。
インパクトでボールの芯を捉える

       
       

       
      
    
(85623)
via sakaneta.com
サッカーにおける強いシュートの打ち方は、インパクトのときにボールの芯を捉えることが、とにかく重要です。キックの際に足のどの部分にボールを当てるかは選手によって違いますが、芯を捉えなければ強いシュートは打てません。

ボールの芯がどこにあるかはリフティングをするとわかりやすく、ボールを回転させずにリフティングできるポイントがボールの芯なので、ボールを回転させずにリフティングする練習をすることでボールの芯を捉える感覚を掴むことができます。

インパクトの瞬間は、ボールの真ん中を蹴るというよりは、押すイメージで足を振るのがコツでボールと足との接地時間を長くする蹴り方を意識するとうまくいきます。
体重を乗せてボールを押し出す
DOLCE&GABBANA | Fashion & Soccer News ファランチ – 楽天ブログ (85617)
via plaza.rakuten.co.jp
フォーロースルーと呼ばれるシュートのインパクトの後のボールを押し出す動作は、身体に力はどこにも入れずに、助走の勢いのままボールとともに自分も飛んでいくような感覚でシュートするのがコツ。

ボールとともに自分も飛んでいくということは、助走の勢いと自分の体重をボールに伝えるということで、インパクトの後は前方に軸足でジャンプして蹴った足で着地するイメージを持つことが重要です。

上半身は軸足側の手を広げて、身体を大きく開いた状態から、インパクト後には下半身を回転させ、足を振り上げることで体全体を収縮させます。身体に回転を入れることで遠心力が生まれ、開いた身体を縮めることで反発力が加わるわけです。

そして、全体のシュートフォームの流れは、練習して意識せず自然にできるようにしてリラックスすることで膝から下の足の振りに神経とパワーを集中させます。
強いシュートを試合で打つ方法
レアル会長、司令塔モドリッチと契約延長しない方針決定 来夏の退団説が一気に加速 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ (85624)
via www.football-zone.net
練習では一人でシュートを打つので自由に身体を動かすことができるので、強いシュートの蹴り方、打ち方の基本やコツを意識しながらシュートを打てるわけですが、サッカーの試合で強いシュートを打つためには、相手のディフェンスもいますから時間とスペースが必要となります。

そのため、フリーでボールをもらうポジショニングがまず大事です。ボールが移動している間に、頻繁に首を振って周りを見て空いている場所、空きそうな場所を確認してボールを受けてからシュートを打つことを考えるのではなく、ボールが来る前から、シュートイメージを作っておくことも重要です。

どこが空いていて、どこにファーストタッチを置くかをあらかじめあらかじめ描いておくことで、強いシュートを打つための時間とスペースを節約できます。
強いシュートのお手本
【動画】ブラジル代表ロベカルのありえないフリーキック
via www.youtube.com
このロベルト・カルロス選手のフリーキックは物理学の研究対象になったほどサッカーファンの間で有名な強いロングシュート。

助走の勢い、足の振りの鋭さ、体を回転させる遠心力があり、フォロースルーは、軸足を振り切ってキック後は完全に宙に浮いていて、ボールとともに自分の体も前方に飛んでいるので、助走の勢いをボールに乗せることが出来ています。
強いシュートを打つために最も必要なこと
070911 なでしこ 女子W杯 イングランド戦得点シーン 宮間あや Aya Miyama
via www.youtube.com
この動画は2007年サッカー女子ワールドカップの映像で宮間あや選手が1分41秒から無回転系ブレ玉、6分20秒から逆回転系のホップして伸びるボールを蹴っています。

シュートフォームをみると体に余計な力が全く入っておらず、小さな体を大きく開いてからインパクトし、身体を浮かせると同時に縮めることでボールへのパワーをさらに増加させ、助走の勢いをボールに伝えるために、フォロースルーの足は一直線にピンと伸びています。

宮間あや選手のようにサッカーで強いシュートを打つために最も必要なことは、身体が生み出す動力を最大化させて効率的にボールに伝えるキックフォームです。

このように身体の小さな女子選手でも、理想的なサッカーのキックフォームを極めることで、強いシュートを自在に打つことができるので、体格や身体能力のせいにせずに、この記事を参考にして基本を大事にして練習することで自分のシュートフォームを手に入れることができます。