サッカー キック 体重移動|体重移動(二軸)のシュート練習

ホーム » コラム » サッカー キック 体重移動|体重移動(二軸)のシュート練習
a

いま、基礎練習の一環で、3年生以上には二軸でのシュート練習をしています。

シュートをするとき、強く体重を乗せて蹴る方法を以前は、「体重を乗せて素早く足を振り飛び上がるように、、(笑)」などと説明をしていたのですが、最近は「二軸でのシュート」と端的に説明をしています。

「蹴った(振り抜いた)足の方へ重心を移動して、蹴り足で着地」というイメージですが、結構な確率で威力のあるシュートが打てるようになった感じがします!

キャプテンもやり始めてすぐに、格好良い感じになってきました。笑
 

 

 

そして、女子も軸を移せるようになると、シュート力が桁違いに上がってきました。

 
 

    ↑↑左に軸がある                ↑↑真ん中に移り…

 

   ↑↑右に軸が移った(結構インパクトがあるので、高く飛んでいる!)

 

   ↑↑軸足で着地

以前は本当にボールは飛ばないし、上がらないし、、という感じだったので、1日の練習で、あっという間にすごいボールを蹴ることができるようになると、彼女自身の自信にも繋がってきた感じです。

ただ、何人かは意識するあまり、幅跳びっぽくなってしまう(上方向ではなく、距離が出てしまう横方向に行き過ぎる)こともあるので、最初はボールの位置に50~60cmくらいの円を描いて、その中に蹴り足で着地するイメージを持って貰うようにしました。

軸が動くのが分かってくると、体重移動がスムースになります!!(^^)v

ただこれは、いつもいつもこの打ち方をするのではなく、真ん中の時はパスなどを正確に出すことを考えると軸を中心に蹴った方が良く、逆にフィニッシュの時は威力が必要な時は二軸で、押し込むときはトゥーキックでも良いかと思います!笑

※しかし、最近、色々なBlogを書いたり、サイトを構築したり、動画を作ったりで、更新が滞ってしまうことが多くなっています!

すみません~~~!泣